国境の島・対馬と神々が宿る壱岐3日間

添乗員同行

出発日・催行状況

出発日: 2018/4/22(日) , 2018/5/20(日) , 2018/6/24(日)

料金情報

料金 118,000円 ~ 132,000円

■ 詳細料金テーブル

出発日 4名1室 3名1室 2名1室 1名1室
2018/4/22(日) 118,000 円 120,000 円 122,000 円 132,000 円
2018/5/20(日) 118,000 円 120,000 円 122,000 円 132,000 円
2018/6/24(日) 118,000 円 120,000 円 122,000 円 132,000 円

食事・運行・宿泊

食事 朝2回、昼3回、夕2回 最少催行 12名様
利用予定交通機関 利用予定航空会社:全日空、利用予定バス会社:対馬交通・壱岐交通・福岡昭和タクシー、高速船・ジェットフォイル:九州郵船 利用宿泊施設 対馬:花海荘(和室)、壱岐:ステラコート太安閣(和室又は洋室)

ツアーのワンポイント

日本遺産第一号の「壱岐」と、世界記録遺産となり朝鮮通信使が中継地点とした「対馬」を巡ります。
対馬は室町時代から江戸時代にかけて、日本に派遣された朝鮮王朝の国家使節団が、豊臣秀吉の朝鮮出兵で
国交が断絶した後、日韓の信(よしみ)を通わす者として両国の平和に務めた、その中継地です。
壱岐は神々が宿り、パワースポットの島として知られ、”島のちから”を感じられます。

備考

観光地一例
烏帽子岳展望台:145段の階段(てすりつき)を上ると、リアス式海岸・浅芧湾の雄大な景観を360度見渡すこと
        ができます。
韓国展望台:長崎県対馬は、韓国にもっとも近く、わずか49.5キロしか離れていません。気象条件が良ければ、
                  釜山を見ることが できます。
万松院:対馬藩主である宗家の菩提寺。国の史跡に指定されています。朝鮮通信使はここで対馬藩主と
    外交をすることもありました。朝鮮国王から三具足(みつぐそく)が贈られ、今も展示されています。
一支国博物館:「魏志倭人伝」にその名を残す壱岐島の歴史を約2000点もの資料で紹介されています。
はらほげ地蔵:六体の地蔵。大潮の満潮時には胴体まで海水に浸かる珍しい光景が見られる。お腹の部分が
       丸くえぐられていることから「はらぼけ地蔵」と呼ばれています。
猿岩:その名の通り猿にそっくりなこの岩。波の激しい浸食により形成され、高さは45mと巨大。
 

旅行条件をご確認のうえお申し込みください。

募集型企画旅行条件書(国内旅行)

募集型企画旅行条件書(海外旅行)

 注:インターネットで予約を申し込みをされても満席となっている場合があります。その場合はメールにてお知らせいたします。

 注:インターネット上で「満席」の表示となっていても受付できる場合があります。お電話にてお問い合わせください。

   中日ツアーズ:052-231-0800(10時~18時 日・祝日は定休です)

行程

  都市 交通 時間 行程 食事
1 中部国際空港(8:30~9:30)頃発飛行機福岡空港飛行機対馬空港バスバスから下車して観光和多都美神社バスバスから下車して観光烏帽子岳展望台バスバスから下車して観光韓国展望台バス対馬(泊) 朝)-
昼)○
夕)○
2 対馬バスバスから下車して観光琴の大銀杏バスバスから下車して入場(予定)万松院バス対馬・厳原港船舶(高速船)船舶壱岐・芦辺港バスバスから下車して観光男岳神社石猿群バスバスから下車して観光猿岩・黒崎砲台跡バス壱岐(泊) 朝)○
昼)○
夕)○
3 壱岐バスバスから下車して観光岳ノ辻展望台バスバスから下車して入場(予定)一支国博物館バスバスから下車して観光壱岐の蔵酒造バス小島神社(車窓)バスバスから下車して観光はらほげ地蔵バス壱岐・芦辺港船舶(ジェットフォイル)船舶博多港バス福岡空港飛行機中部国際空港(20:00~20:30)頃着

 
朝)○
昼)○
夕)-

このツアーもおすすめします。