青海省・菜の花畑と絶景の七彩丹霞撮影の旅

写真家・竹下光士先生同行
添乗員同行 日本語ガイド同行

出発日・催行状況

出発日: 2018/7/12(木)

料金情報

料金 おひとり様 : 298,000円
小人料金 1人部屋料金 38000円
備考 別途、空港施設使用料、現地空港税、燃油サーチャージ代がかかります

食事・運行・宿泊

食事 朝5回、昼4回、夕5回 最少催行 12名様
利用予定交通機関 中国国際航空 利用宿泊施設 西寧:中発源飯店、張掖:天域国際酒店又は各都市同等クラス

備考

~ツアーポイント~
2008年に一般公開された知る人ぞ知る秘境「七彩山(張掖丹霞地質公園)」へご案内。虹が広がったような絶景で、陽のあたり具合により変化し、これぞ絶景をいうべき風景が広がります。また、7月のこの時期しか見ることができない門源の広大な菜の花畑の景色や、中国最大の塩水湖、青海湖の湖畔にも気象条件があえば菜の花が開花し、青と黄色が醸しす絶景を竹下先生のご指導で巡ります。

竹下光士(たけしたみつし)先生プロフィール
京都市生まれ。武蔵野美術大学油絵学科卒業。標高3000mの山岳風景から沖縄のビーチまで幅広く日本の風景を撮影する。「風景写真」「旅写真」「フォトコン」「山と溪谷」など、カメラ雑誌を中心に写真や記事を多数掲載。著書には写真集「ZEUS」「天の刻」がある。また20093月には「京都撮影四季の旅」を出版。京都市在住。別途下記の代金がかかります

中部国際空港施設使用料/2570円
現地空港税/3300円(目安)
燃油サーチャージ(航空保険料含む)/5920円(目安)

【ご案内】
・中国の国内線は急な時間変更などが生じます。その際は日程を変更させて頂きますのでご了承ください
・花の開花は気象条件によります
・青海湖は標高が高い為、高山病を起こしやすい場合がありますので、普段から体調のすぐれない方、循環器系や呼吸器系に疾患のある方は事前 に医師とご相談の上、ご参加ください。
 

旅行条件をご確認のうえお申し込みください。

募集型企画旅行条件書(国内旅行)

募集型企画旅行条件書(海外旅行)

 注:インターネットで予約を申し込みをされても満席となっている場合があります。その場合はメールにてお知らせいたします。

 注:インターネット上で「満席」の表示となっていても受付できる場合があります。お電話にてお問い合わせください。

   中日ツアーズ:052-231-0800(10時~18時 日・祝日は定休です)

行程

  都市 交通 時間 行程 食事
1 中部国際空港発
北京着
北京発
西寧着
CA160

国内線
9:00
11:35
夕方
中国国際航空で空路、北京へ

国内線にて空路、西寧へ

着後、市内レストランで軽食後、ホテルへ



<西寧泊>
朝)-
昼)機内
夕)○
2 西寧
青海湖



西寧
専用車 午前


午後
国道で菜の花畑の景色を見ながら青海湖へ(所要約3時間)

途中、日月山峠へ立ち寄り、青海湖畔の菜の花畑と青海湖の全景が見える場所へご案内

約200㎢の黄色の世界をお楽しみ下さい

撮影後、西寧へ(所要約4時間)

<西寧泊>





 
朝)○
昼)○
夕)○
3 西寧
張掖
専用車 終日 門源へ(約3時間へ)

門源・百里油菜花海(菜の花畑)撮影

途中、祁連大草原の遊牧景色と雪山の景色を撮影

張掖へ(約4時間)

<張掖泊>

 
朝)○
昼)○
夕)○
4 張掖 専用車 終日 氷講丹霞風景区撮影(風景区内は混載のシャトルバスで移動)

隆起した地形が長年の風雨の浸食により、様々な形の奇岩となってそそり立つ景観は圧巻です

夕方、張掖七彩丹霞風景区撮影(風景区内は混載のシャトルバスで移動)

<張掖泊>
朝)○
昼)○
夕)○
5 張掖


張掖西駅
西寧駅
専用車


高速鉄道
終日


張掖平山湖大峡谷風景区撮影



夕方、2度目の張掖七彩丹霞風景区撮影

高速鉄道にて西寧へ(所要約2時間)

着後、ホテルへ

<西寧泊>
朝)○
昼)○
夕)○
6 西寧発
北京着
北京発
中部国際空港着
国内線

CA159
午前

17:00
21:00
国内線で空路、北京へ

乗り継ぎ、中国国際航空で空路、帰国の途へ

着後、解散  お疲れ様でした。。。。。
朝)○
昼)-
夕)機内

このツアーもおすすめします。